こたろうの部屋に全員集合!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も行きます白洲次郎《ぼりゅ〜む6》

<<   作成日時 : 2009/10/14 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戦争に備え、疎開した次郎ですが

何故東京を遠く離れた地方に移り住むことをしなかったのか?

その理由は、

「カントリー・ジェントルマン」という英語に秘められています。

「カントリー・ジェントルマン」・・・直訳すると「田舎紳士」です。

しかし、イギリスでいう「カントリー・ジェントルマン」とは

田舎に住んでいても中央の政治に目を光らせていて、

万一おかしなことになった時には、

すぐに中央へ出て行ってそれを正すという

伝統的な英国紳士の精神であり、生き方なのです。

イギリス留学でその精神を徹底的に吸収した次郎は、

日本における「カントリー・ジェントルマン」を志し、

敵の攻撃に対する安全性と、

中央との距離を秤(はかり)にかけた上で、

鶴川村を疎開先に選んだのでした。

それまでの人生で、

政治の世界に直接身を置いていたわけではない次郎が、

このように政治に対して強い関心を抱くようになったのか、

吉田茂の影響があったのはもちろんですが、

近衛文麿(総理)の影響が強かったようです。

事実次郎は、近衛文麿を通じて「政治の野次馬」になったと言っています。

しかし、終戦を迎えるまでは、「野次馬」に過ぎ次郎が

政治に身を投ずるのは、

昭和20年12月、終戦連絡事務局参与という職に就いてからで、

それは、当時の外務大臣吉田茂の要請によるものでした。

その後、終戦連絡事務局の次長に就任し、

以後、占領のほぼ全期間において、

GHQとの交渉に当たることになり、

ここから白州次郎の戦後の活躍が始ります。

その前に、白洲次郎の人柄を垣間見るエピソードをひとつ・・・

と言いたいのですが、

長くなりますのでこの続きは明日へ・・・


 今日のコタロウ

画像







日だまりでくつろぐ左からコタロウ、ペパー、銀次郎の三匹、

この後ペパーが走り出し、二匹がそれを追って“シルクド・ソレイユ”の開演!

家が破壊される・・・


好評につき!?今日も話題の商品のご紹介です。

そろそろ温かいものが恋しい季節になってきましたが、

今日ご紹介したいのは富士宮やきそば・・・

あのB級ご当地グルメの祭典「B1グランプリ」で2連覇!した

富士宮流やきそばです。

富士宮やきそば12食入

残念ながら今年は3連覇とはいかなかったものの

まだまだ人気の商品です、

興味のある方はこちらへ→詳細を見る




Ads by A.F

■時代の流行にフィットした商品をお探しなら
■ダイエット商品を中心に、お役にたてる商品を厳選
■人気レギンスを厳選した、レギンス専門店(モバイル)
■お手頃価格のスキンケア用品、話題の商品(モバイル)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペットショップに行く前にちょっと覗いてみてくださいあなたの“オハナ”はここにいます。
今日も行きます白洲次郎《ぼりゅ〜む6》 こたろうの部屋に全員集合!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる